周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > 化粧品プチ裏話(コラム) > あなたが使っているのは、本当に石鹸?

化粧品プチ裏話(コラム)

あなたが使っているのは、本当に石鹸?

こんにちは!リサコです。(*^_^*)

私は、石鹸というものが大好きです。

化粧水よりも、乳液よりも、クリームよりも・・・


  『石鹸が、最高に好き!』


・・・と、変なことを言ってしまいましたが。(^_^;)

石鹸って、スキンケアの要だと思うんです。


だって、石鹸がうまく働かないと、乾燥したり油が残ったりしちゃうでしょ?

その上から、どんなに良い化粧品をつけても、なんだか物足りなくなっちゃう・・・


料理で例えるなら、素材の下ごしらえの部分にあたるんじゃないかと思うの。

そこで手を抜くと、どんなに素晴らしい調味料を使っても、仕上がりが良くないですもんね。


ということで、その大事な石鹸。

みなさんは、どんな商品を使ってるんでしょうか?


<基本の石鹸>

・固形の石鹸
・チューブ入りのクリーム石鹸
・ボトル入りの液体石鹸

<特別な石鹸>

ピーリングもできる石鹸
弱酸性の石鹸
界面活性剤を使っていない石鹸


世の中に出回っている商品は、だいたい、こんな感じの分類になります。

全部に「石鹸」とつけましたが、実は「特別な石鹸」と書いた方は、本当に石鹸かどうかはわかりません。

(そのへん、また今度詳しくご説明しましょう・・・)


石鹸は「固形/クリーム/液体」の3タイプあります。

よく間違えやすいのが、固形石鹸。


  『固形=石鹸、じゃない!』


ということを、覚えておいてください。


石鹸かどうかを見分けるには、裏面の成分表示をチェック☆

・○○酸ナトリウム
・○○酸カリウム

このどちらかが書いてあれば、石鹸です。


石鹸と合成洗浄剤の混ざった「複合石鹸」もたくさんあります。

合成洗浄剤は、名前が難しいものが多くて、覚えるのは大変かもしれません。

簡単に見分けるヒントは「特別な石鹸」の中にある・・・


  『弱酸性』


です。

石鹸のPHは、絶対にアルカリ性です。

だから「中性/弱酸性」とうたっている商品は、純粋な石鹸ではありません。


※といっても、合成洗浄剤のすべてが弱酸性ではないのですが・・・めんどくさいですねー。(^_^;)


とにかく、この2つを覚えておいてね。

 「○○酸ナトリウム/カリウム」

 「アルカリ性」


石鹸は、とっても優れた洗浄剤なのです。

肌がすごーく弱い人が、皮膚科に行ったとき、お医者さんに


  『普通の、固形石鹸を使ってくださいねー』


と、アドバイスされることは、良くあります。

(一方で、ミノンなどの合成洗浄剤をすすめられることもありますが・・・)


まずは、自分が今どんな商品を使っているか、チェックすることが大切。

その後で「この成分、本当に自分の肌に合ってるの?」と考えてみましょう♪