周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > 化粧品プチ裏話(コラム) > 化粧水が染み込まない人の、共通点って?

化粧品プチ裏話(コラム)

化粧水が染み込まない人の、共通点って?

こんにちは!リサコです。(*^_^*)

ぐんぐん寒くなったり、急にポカポカしたりする、10月。

ちょうど、秋の不安定な時期ですね。

みなさん、そろそろ『お肌の不調』にも、慣れてきましたか?


  「だんだん、乾燥肌がひどくなってきたみたい・・・」


そんなお悩みも、良く耳にするようになりました。


でも、ワタシは平気なのです。

なぜなら、乾燥肌でお肌がカサカサになってしまう、大きな秘密を知ってしまったから・・・


その秘密、知りたいですか?


実は・・・

  『化粧水って、お肌に染み込んでない!』

ということなんです。


でも、私たちはそんなこと全然知らずに、


 「乾燥してきたから、化粧水つけなきゃ!!」


って、思いますよね。

それで一生懸命、高い化粧水をつけてるじゃないですか。

それが、正しくないスキンケアだったとしたら・・・?


これ、化粧品業界では、ごくあたりまえの話らしいんですよね。

でも、私も初めて聞いたときは、かなりショックでした。


そこで、深く理由を調べてみると・・・


実は「化粧水が肌に染み込まない」という人は、一部特定の人だけ。

その人たちには、ある共通点が見つかったんです。

とても、単純明快なこと。


その共通点って???


  『洗顔で、石けんを使っている人』


なんです。

ね?単純でしょ?

石鹸を使ってる人は、お肌に化粧水が染み込みにくいんですって。


もしかしたら、ドキッとした方もいるかもしれませんね。

みなさんは、どんな洗浄剤を使っているか、キチンと把握していますか?


 「うちでは毎日、普通の石鹸使ってる・・・」


という方で、乾燥肌の方は、要注意です。

化粧水を使うときに、ちょっと工夫してあげましょう♪

チューブの洗顔フォームとか、液体のソープを使っている人も、安心しちゃいけませんよ。

石鹸と言っても、いろ〜んな種類があるんです。


  「石鹸みたいに見えるけど、実は石鹸じゃなかった!」


・・・とか。


  「洗顔フォームだと思ってたら、実は石鹸だった!」


・・・とか。


※その辺、また次回にもうちょっと詳しく、お話しますね☆

では、石鹸を愛用してる方向けの、具体的な化粧水のつけ方をお伝えしましょう♪

もし石鹸を使っていても、わざわざそれをチェンジする必要はないですからね!

石鹸洗顔後に、化粧水をつけるときは・・・


☆コットンを使う!


佐伯チズさんがオススメするみたいに、たっぷりめ、ゆっくりめ。

何度か付けなおしてあげてもいいかも・・・


え?

そんなのフツーだって??


じゃあ、もう1つの裏技を教えちゃいましょう・・・


☆先に乳液をつけて、軽く拭いてあげる!


実は、石鹸で顔を洗うと、石鹸成分のバリアが顔に残ってしまうんです。

一時期、テレビCMでよく流れていた、アレですよ。


  『石けんカスバリア』


その目に見えないバリアを、乳液クレンジングで落としてあげる感覚で。

もちろん、普通のクレンジングとは全然違うから、ごく軽めでOK。

顔全体に薄く伸ばして、するするっとなでて、コットンで優しくふき取ってあげてね。


(ふき取り専用の化粧水を使ってもOKだし、いつもの化粧水をたっぷりでもOK☆)


その後は、化粧水→乳液→クリームと、普段どおりのスキンケアをしてあげましょう。


これで、冬場のカサカサ乾燥肌対策も、ちょっとレベルアップしますよ♪(^_-)-☆