周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > お肌の悩み相談室 > Q&A(10) ケミカルピーリングって安全?

お肌の悩み相談室

Q&A(10) ケミカルピーリングって安全?

  Q&A10  ケミカルピーリングって安全?

【お悩み】

顔にけっこう目立つニキビの痕があって、とても悩んでいます。
そこで、ケミカルピーリングをしようか考えているのですが、実際にどんな内容なのかよくわかりません。

もし安全な方法だったら、やってみたいのですが、失敗するとしみができるなど聞いて迷っています。

【お答え】

ケミカルピーリングとは、酸性の液を肌に塗って、肌の表面の角質を強制的にとりのぞくことです。
「ケミカル」は科学的にという意味で、「ピーリング」は、剥がすという意味です。
皮膚の表面を剥ぐことで、つるっとキレイな肌にしてくれます。

ただし、
ケミカルピーリングは、肌トラブルを招く危険性もあるので、トライするかどうかの見極めが必要です。

 
 (↓では、具体的な対策にトライしましょう!)

対策その1.自分の肌に合うか見極めよう!

●ケミカルピーリングは、脂性でニキビができていたり、しみやくすみがあったり、小じわのある肌に効果があります。
ただ、肌に湿疹や傷ができている方はやってはいけません。
なぜなら、
ケミカルピーリングに使う薬剤は、とても強い成分だからです。

●ケミカルピーリングで、シミや色素が沈着してしまった肌を一皮むいてあげると、その下の皮膚が新しい皮膚をつくろうと活発になります。
その結果、新しくてキレイな肌が、下からすぐにできあがってきます。
ところが、肌に傷がある方がケミカルピーリングをすると、その傷口から肌の奥深くまで薬剤が染み込んで、逆にダメージをあたえる可能性があります。
ケミカルピーリングをするときは、
自分の肌に傷や湿疹がないかどうかを、よく確認してみてください

●傷や湿疹がない方でも、
カミソリでムダ毛を剃った後などは、ケミカルピーリングをしないほうがよいでしょう。
また、アレルギー体質の方や、ステロイド入りの薬を使っている人も、ケミカルピーリングはしないようにしてください。


 
対策その2.ピーリングに使う薬剤を決めよう!

ケミカルピーリングで使う、酸性の薬剤には、いくつかの種類があります。
グリコール酸、AHA(フルーツ酸)、乳酸あたりがよく使われています。
各薬剤は、それぞれ肌への強さがちがいます。

●肌のごく浅い表面をはがすならAHA(フルーツ酸)といわれていますが、その濃度が濃ければより深くまではがすことができます。
これは、普通のひとには判断できないので、
美容皮膚科のお医者さんに相談してください。

●エステでもケミカルピーリングのコースがありますが、美容皮膚科と違って、肌のごく表面をはがすことしかできません。
肌のごく表面をはがして、すべすべした感触になりたいなら、エステでも大丈夫です。
なお、エステでケミカルピーリングをしてもらうなら、なるべく信頼できる、技術の高いところに行きましょう。

●ケミカルピーリングで薄くなった肌は、バリアがなくなって刺激に弱い反面、有効成分を浸透しやすくなっています。
ケミカルピーリングとあわせて、
イオン導入など美白系の施術もするとより効果的です。


対策その3.ピーリング後のケアに注意しよう!

●ケミカルピーリングをすると、その直後の肌は、極端に薄くなってしまいます。
ケミカルピーリング後、時間がたつごとにだんだんと、下から新しい健康な皮膚が上がってきます。
その間の
スキンケアを間違えると、肌に大きなダメージを与えてしまいます

●ケミカルピーリングで、
どのくらいの深さまで皮膚をはがしたかで、ケアの方法も変わります
エステや、化粧品を使ってごく浅い部分だけはがしたのであれば、最初はつるっとすると言われていますが、ケアを間違えると肌の表面がガサガサします。
肌がガサガサになったときは、保水力のある化粧水を使って、様子を見ましょう。

●皮膚科でピーリングをしたときなど、肌の深くまではがしたときは、かさぶたができたり、かなりデリケートな状態になります。
お医者さんの指示にしたがって、あまり余計な添加物が入らない、
品質のよいスキンケア商品を使ってください

●肌が薄くなると紫外線も通りやすくなるので、
紫外線には充分注意してください
紫外線対策といっても、むやみに強い日焼け止めクリームをつけないほうが無難です。
皮膚が薄いときに強い日焼け止めクリームをつけると、その成分で肌トラブルが起きてしまう可能性があります。
日傘と帽子をつかうなど、なるべく肌に負担をかけない対策を考えてみましょう。


対策その4.副作用の危険性を知ろう!

●ケミカルピーリングは、間違ったやり方をすると、怖い副作用があります
それは、肌がガサガサになったり、日焼けしやすくなったり、かさぶたができたりという症状がでてくることです。

●それらの症状には、必ず起こってしまうけれど、しばらく時間が過ぎればOKというものと、そうでないものがあります。
ケミカルピーリングがうまくいかないと、
とりかえしのつかない後遺症が残る危険性があります。

●ケミカルピーリングをはじめるときは、まず信頼できる皮膚科のお医者さんに相談してください。
市販の化粧品で、ピーリング効果があるとうたっている商品もありますが、その
ピーリング成分の濃度を確認してみましょう。
濃度が弱いものであっても、肌をはがす酸性の薬品がつかわれているので、肌が弱いひとは充分注意して使ってください。


ピーリングが気になる方にオススメの商品はこちら

       総合ランキングはこちらへ  1〜10位  11〜20位