周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > お肌の悩み相談室 > Q&A(8) 突然ニキビが増えはじめました!

お肌の悩み相談室

Q&A(8) 突然ニキビが増えはじめました!

  Q&A8  突然ニキビが増えはじめました!

 
【お悩み】

20代後半になって、大人ニキビができはじめました。
部分的には乾燥肌ぎみなのですが、Tゾーン中心に、今ではニキビだらけの状態です。
友達にも「ニキビどうしたの?」と言われることが多くなり、ゆううつです。

原因がよくわからないので、すごく不安だし、痕が残ってしまわないか心配です。

【お答え】

ニキビとは、毛穴に皮脂がつまった状態のことです。
毛穴に皮脂がつまらないように、ケアしてあげましょう

ただし、ニキビにも、軽いニキビから重いニキビまで、ランクがあります。
また、原因もいくつかあります。
思春期を過ぎてからニキビになる場合は、大人ニキビとして区別されています。

 
 (↓では、具体的な対策にトライしましょう!)

対策その1.ニキビのレベルを知りましょう!

●ニキビには、いろいろな肌のトラブルが重なっている場合があります。
まず、顔のTゾーンなど、とくに脂っこい部分に、毛穴のつまりからくるふくらみがでてくること。
そのときは、指でぎゅっと押すと白い脂の固まりがでてきます。
それを「コメド」と言います。
白い脂が出てくる場合は「白ニキビ」、黒いコメドがでてくる場合は「黒ニキビ」といいます。
スキンケアは、
コメドが出てきた時点で行っておくのがよいでしょう。

●肌に近い油といわれている
オリーブ油などが原料の石鹸・洗顔料はやめましょう
オリーブ油にたくさん含まれる「オレイン酸」は、ニキビを増幅すると言われています。
化粧水も、オレイン酸を含まないものに変えましょう。

●混合肌のひとには、油分も必要です。
その場合、比較的ニキビになりにくいといわれている、
ホホバオイルが原料のものを使ってください

●もしニキビがスキンケアで抑えられるレベルを超えてしまうと、毛穴の周りが赤くはれあがり、最後は菌に感染して膿んでしまいます。
そうなったら、もうスキンケアではたちうちできません。
ニキビ痕を残さないためにも、
皮膚科へ通われることをお勧めします


 
対策その2.ニキビの原因を知ろう!

ニキビは、生まれつきできやすい人と、できにくい人がいます。
生まれつきニキビができやすい人は、どんなに対策をしても完全になおることは難しいでしょう。
でも、そうでない方のニキビは、
原因を知ることで抑えることが可能になります

●ニキビの大きな原因は、ホルモンのバランスが崩れることです。
女性が生理の周期にあわせてニキビが増えたり減ったりするのは、男性ホルモンの影響です。
そのため、豆乳など、
女性ホルモンを増やすような食事をとったり、薬を使うことで、ニキビを減らすことができます。
また、チョコレートなどの脂っこい食べ物は、ニキビを悪化させるので、ニキビが増えている時期はひかえるようにしましょう。


対策その3.ストレス解消しよう!

●チョコレートや甘いものが大好きなひとが、ニキビをなくしたいからと甘いもの断ちをして、かえってニキビが悪くなってしまうことがあります。
これは、
ストレスからくるニキビ悪化の典型的な例です。

●他にも、ストレスがたまるとニキビを手で触ったり、駄目だと分かっていてもつぶしたくなるという人がいます。
これは、
ニキビそのものが問題なのではなく、他の問題があって、そのストレスからついニキビをいじって悪化させるという、心理的な問題になります。

●まずは、自分が
イライラしてしまう原因を自覚して、取り除いてあげましょう
ニキビを気にしないで生活できるひとは、ニキビの治りも早いのです。
また「これを使えばよくなるはずだ」と、自信を持ってポジティブにスキンケアを続けることも大事です。


対策その4.ニキビ痕を残さないケアをしよう!

●ニキビは、体質によってはできては消え、消えてはできるものです。
そのひとの生まれつきの体質によっては、40代まで付き合わなければならない場合もあります。
ただ、
年をとるごとにニキビはできにくくなってきます
それは、皮脂の量が減っていくからです。
ひとはだんだんと、乾燥肌の方へうつっていくのです。

●ただ、ニキビの悩みは「痕」として一生つきまとう可能性もあります。
新しく生まれたばかりの白ニキビ(コメド)なら、痕に残らずになくすことができます。
ニキビが赤くなって
炎症を起こすまえに、ストップしてあげましょう

痕になってしまう大きな原因は、
炎症を起こしてしまった皮膚に、紫外線が当たることです。
もしできてしまった場合は、入浴やマッサージなどで血行を良くし、適度なスキンケアで新陳代謝を高めてあげることで、徐々に薄くなっていくことを期待しましょう。
一気にキレイにしたいなら、美容皮膚科でレーザー治療など施術されることをお勧めします。


対策その5.栄養やサプリメントで対応しよう!

●最終的に、自分の肌荒れは自分で治すしかありません。
例えば、肌荒れの原因がアレルギーかもしれないとしたら、血液検査をしてもらって、アレルゲンを特定するまでがお医者さんの主な役目です。
原因がわかれば、その後のお医者さんとのやり取りは、的確なアドバイスをもらって、患者が忠実に守って、結果をまた報告に行くということの繰り返しです。

●それを何年も続けていて効果がでなければ、それが皮膚科のできる限界ということでしょう。
そんなときはガッカリせずに「もしかしたらストレスが原因の肌荒れかもしれないから、カウンセリングに行ってみよう」とか、皮膚科以外の解決方法を考えてみてください


対策その6.食用油は、リノール酸に注意!

●油のなかでも「リノール酸」という成分が多い油は、特に気をつけてひかえるようにしてください。
リノール酸を過剰にとると、ニキビなどの炎症を悪化させるのです。

●リノール酸が多い油には、
ごま油、ひまわり油、サラダ油などがあります。
また、
マヨネーズ、マーガリンにもリノール酸は多いです。
バターとマーガリンでは、マーガリンの方が圧倒的にリノール酸が多いので、ニキビの方はマーガリンを控えるようにしてください。

●どうしてもリノール酸をとりたいときは、合わせて「
α−リノレン酸」を多めにとりましょう。
α−リノレン酸は、シソや青魚に多く含まれている成分で、
リノール酸の活動を抑える働きがあります。

●油の場合は、しそからとった「
えごま油」に、α−リノレン酸が多いと言われ、ニキビやダイエット用に向いている油として人気があります。


対策その7.殺菌・ピーリングは慎重に!

●日々のケアとして殺菌効果のある洗浄剤を勧めるひともいますが、安易に使うことはあまりお勧めできません。
殺菌剤は、肌に良い菌も殺してしまうからです。

●また、
ピーリング効果のあるスキンケア商品も、ニキビ対策には有効といわれています。
皮膚が厚くなると、毛穴がつまってよけいニキビになりやすいからです。

●ただ、自分に合うものをきちんと選ばなければ、
成分の強さに肌が負けて、よけいに悪化させてしまう危険性もあるので、充分注意してください。
使うときは、皮膚科のお医者さんにアドバイスをもらうとよいでしょう。


ニキビが気になる方にオススメの商品はこちら

       総合ランキングはこちらへ  1〜10位  11〜20位