周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > お肌の悩み相談室 > Q&A(4) 乾燥肌で、顔がかさかさです!

お肌の悩み相談室

Q&A(4) 乾燥肌で、顔がかさかさです!

  Q&A4  乾燥肌で、顔がかさかさです!

 
【お悩み】

超乾燥肌で、目のまわりや口元の皮がめくれてしまい、ファンデーションが使えません。
つけてもすぐに粉を吹いてしまいます。

今の職場ではほぼノーメークで過ごしていますが、本当はきちんとメイクをしたいです。
あと、結婚式など絶対メイクをしなければならないときは、本当に困ります。

【お答え】

乾燥肌のひとは、ファンデーションなど粉っぽいものをつけると、より乾燥が進んでしまいがちです。
かといって、ファンデーションをリキッドタイプにするのも、別のトラブルを招く可能性があります。

いずれにせよ、なにかイベントのときに困らないよう、
日常のケアでいかに乾燥肌対策をしておくかが決め手です。

 
 (↓では、具体的な対策にトライしましょう!)

対策その1.下地の下に、油分をたっぷりつけてみよう!

●ファンデーションの下地として、日焼け止めやクリームを塗る場合が多いと思います。
その前に、
こってりとした油分を乗せておくと、ある程度の粉吹きを止めることができます。
その油分は、ワセリンやシアバター、みつろうなどです。
そのようなこってりした油分をベースに、保湿効果がある成分を配合したクリームなどの商品もあります。

●下地にこってりした油分を使うときは、念のため、ファンデーションと重ねて使ったときにどうなるか、
試し塗りで確認してみてください
ただし、これは完全な対処療法なので、原因を解決していくことも考えていきましょう。


 
対策その2.ファンデーションを見直そう!

●ファンデーションは、種類によって成分が違います。
粉が吹きやすいものもあれば、しっとりするものもあります。
単純にしっとりさせるたいなら、
リキッドタイプのファンデーションを使いましょう

●リキッドファンデーションは便利ですが、それはそれでまた問題があります。
リキッドタイプの場合、より
クレンジングをしっかりしなければならないのです。
ただでさえ乾燥肌なのに、クレンジングをすると肌がより乾燥してしまう可能性があります。
しっとりしつつ洗い流しやすいファンデーションを、地道に探していくことが必要かもしれません。

●また、ファンデーションは
日焼け止め効果のあるものを使いましょう
そのような商品を使うと、日焼け止めを塗る必要がなくなるので、1つ肌への負担が減らせます。


対策その3.スキンケア全体を見直そう!

●ファンデーションを塗っても負けないくらい、強い肌が作れたらそれに越したことはありませんよね。
今までのスキンケアを、一度すべて見直してみましょう。
そのためには、
各商品の成分を知ることが大事です。
それらの成分が、自分の肌に負担をかけていなかったかどうかを、あらためて確認してみましょう。

●もし分からないことがあれば、メーカーの方に問い合わせましょう。
また、乾燥の原因は、洗顔方法にあるかもしれません。
あわせて
洗顔料や洗顔方法も見直してみてください


対策その4.皮膚科に行ってみよう!

●乾燥肌とひとくちに言っても、人それぞれ症状は違います。
中には、ただの乾燥肌だと思っていたら、アレルギーやアトピーだったという方もいるようです。
それは、一度皮膚科に行かなければわからないことです。
皮膚科に行って、肌状態を相談してみてください

●簡単に薬かクリームをもらって帰される場合もありますが、中には親身になって相談に乗ってくれるお医者さんもいます。
特に、
花粉症など別のアレルギー症例がある方は、一度皮膚でアレルギー検査をしてみることをお勧めします。
血液検査で、価格は5000円くらいです。


対策その5.乾燥させる原因を取り除こう!

●肌が乾燥すると、肌の表面の角質がめくれるのは仕方のないことです。
そうならないためには、
乾燥しないような環境を作るしかありません。

●例えば、
屋内では加湿器を使うのも1つの手段です。
加湿器は、商品によって性能がかなり違います。
小さくて安い加湿器は、すぐ水垢がついて壊れてしまうので、ある程度の容量があるものがお勧めです。

●湿度を測れるタイプの加湿器は、加湿しすぎを抑えてくれるのでよいでしょう。
加湿しすぎるとダニや菌が活発に働くので、かえってアレルギーを引き起こしたりします。
湿度は40%あれば充分です。

●オフィスで、小型の加湿器しか置けない場合は、ペットボトルを差し込むタイプの加湿器があります。
そこに、水道水ではなく、
精製水にグリセリンを少量溶かしたものを使うと、水垢の対策にもなり、少量の蒸気でも保湿されます。

●外を出歩くときは、
大きめのマスクをつけると、口元の乾燥対策になります。
体が冷えないように防寒対策をして、家ではゆっくりお風呂につかるのも有効でしょう。


乾燥肌が気になる方にオススメの商品はこちら

       総合ランキングはこちらへ  1〜10位  11〜20位