周りの人から、デキるOLに見られたくありませんか? / 化粧品 ランキング.com

化粧品 ランキング.com > お肌の悩み相談室 > Q&A(1) しわの対策を教えて!

お肌の悩み相談室

Q&A(1) しわの対策を教えて!

  Q&A1  しわ対策を教えて!

 
【お悩み】

最近になって、目じりと口の横にくっきりとしわが入っていることに気づきました。

化粧水を多めにつけたり、評判の良い美容液やパックをあれこれ試しても、なかなか改善されません・・・。

【お答え】

しわができるもともとの理由は、肌のたるみです。
肌がたるむと、そのたるみに折り目がついて、しわができます。
つまり、
しわの対策=たるみの対策をすればよいということです。

たるみの原因は、いくつかあります。
まちがった対策をすると、かえってたるみがひどくなってしまうこともあります。

 
 (↓では、具体的な対策にトライしましょう!)

対策その1.肌の乾燥を防ごう!

●一年をとおして常にカサカサしてしまうような、ひどい乾燥肌の方もいますが、冬場だけ乾燥するという方も多いようです。
中には、乾燥が少しひどくなったときに、すぐ化粧品が合わなくなってしまったと思って、化粧品をコロコロと変えてしまう方もいるかもしれません。
でも、
化粧品を変えるのは最後の手段にしましょう。

●もし乾燥がひどくなったと感じたら、化粧品を変える前に、
ふだん使っているものを多めにつけてみてください。
また化粧水は、一度にたっぷりつけておしまいではなく、一度つけても乾ききってしまう前にまたつけて、十分しっとりするまで何度かつけなおすのも有効です。

●あと、大事なのは化粧水が蒸発して逃げていかないように、
油分の多いクリームで蓋をすることです。
油分の蓋として一番シンプルな油であるワセリンや、シアバターの入った商品など、こってりとした油分の強いクリームを併用してみてください。


 
対策その2.肌にやさしい洗顔をしよう!

●洗顔をするときに、洗浄力が強い、キツめの洗浄剤をつかっていませんか?
クレンジングや洗顔料の中には、
洗浄力がとても強い商品があります。
そのような洗浄剤は、汚れが落ちてさっぱりする代わりに、肌に残したい成分も落としてしまいます。

●特にフルーツ酸など
ピーリング系の成分は、肌の表面をつるっとキレイに見せてくれる代わりに、肌を薄くしてしまうので注意しましょう。

●肌が弱っているときは、なるべく余分な成分の入らない
無添加石鹸や、弱酸性で肌にマイルドなアミノ酸系洗浄剤を使って、手のひらでやさしく洗ってあげましょう。

●特に肌の調子が悪いときは、香料や着色料など、あってもなくても良い成分は、なるべく使っていないものを選んだり、お化粧をひかえて
お湯だけで洗うと良いでしょう。


対策その3.皮脂や油分を増やそう!

●たるみの原因である乾燥は、なぜ起こるかというと、皮脂の量が減ってしまうということも原因のひとつです。
皮脂が自分の肌から自然に出てくるようになるのが一番なのですが、それが難しい時期もあります。
そんなときは、
皮脂に近い油分をつかってみてください。

●ワセリンやシアバターではこってりしすぎるという方は、
スクワラン・ホホバオイルなど、もう少しさらっとしたものをお勧めします。

●中には、乾燥するのにテカるという方もいると思いますが、そのような方は水分が特に不足しているので、化粧水の量を多めにしてください。
保水力がある
グリセリン・ヒアルロン酸入りの化粧水がお勧めです。

●その他、最新の美容成分には、高い保水効果をうたった商品もあります。
化粧品を切り替えるときには、成分をよく調べて、
サンプルなどで試してから切り替えましょう。


対策その4.コラーゲンを補給しよう!

●肌の弾力がなくなっていることも、たるみやしわの大きな原因です。
肌に弾力をあたえているのは、肌の奥のコラーゲンです。
肌がたるむときは、
コラーゲンが不足しているのかもしれません。

●コラーゲンを確実に増やす方法は、まだはっきりしていませんが、コラーゲンの豊富な食品や、サプリメントをこまめにとってみることが大事だといわれています。
飲んだコラーゲンは、体の中でアミノ酸にかわって、骨や筋肉にも使われてしまいます。
肌にもコラーゲンを行き届かせるために、ある程度多めにとるとよいでしょう。

●なお、化粧品で「コラーゲン配合」という商品も多いですが、あまり期待しすぎないようにしてください。
なぜなら、コラーゲンは一度アミノ酸に分解されてから肌の奥で活躍します。
肌に塗っても、肌の表面に膜を張って保湿する効果はあるけれど、肌弾力の改善には
ほとんど意味がないといわれているのです。

●最近の美容成分では「
分子が細かいため肌に浸透する」とうたったコラーゲンもありますが、本当に効果があるかははっきりしていません。
いずれにせよ、コラーゲンは肌に悪い成分ではないので、興味のあるひとは試してみるとよいでしょう。

●ただし、肌の入れ替わり期間(ターンオーバー)1回分として、最低1〜2か月くらいは続けてみてください。
合わせて
ヒアルロン酸・セラミドなど、保水成分をたっぷりつけると、相乗効果が得られる可能性があります。


対策その5.まちがった洗顔やマッサージに注意!

●顔を洗うときやフェイスマッサージをするとき、なでる方向が決まっている方も多いと思います。
顔には、ひっぱるとたるみが伸びて効果がある方向と、ひっぱると逆にたるんでしまう方向があります。
だから、やみくもに顔をなでたりこすったりしては、
たるみを増やしてしまうのです。

●特に、目の周りは、
目頭から目じりの方向へ、口の脇にできたしわに対しては、ほほを内側から外側へなでるようにしましょう。
そのときに、やや斜めに上の方へ、口の脇から耳の方へとやさしくなでてください。
強くぐいぐいとマッサージして、すぐに効果を出すのはプロの技と割り切って、ふだん自分で洗顔したりマッサージするときは、なるべくやさしくするように心がけてください。

●あとは、意識して
笑顔を作ってみてください。
笑いじわなどあまり気にせず、普段から笑顔をキープして、顔の奥の筋肉を鍛えてあげるとよいでしょう。



しわ・たるみが気になる方にオススメの商品はこちら

       総合ランキングはこちらへ  1〜10位  11〜20位